妊娠中の辛いつわりを解消する効果的な5つの方法!

♥同ジャンルの本日の人気ランキング♥ クリアブルーが陰性でも妊娠の可能性がある!?クリアブルーが陰性でも妊娠の可能性がある!?...
✿--------------------------------------------------------✿
Pチェックで陰性から陽性になる事がある理由Pチェックで陰性から陽性になる事がある理由...
✿--------------------------------------------------------✿
【妊娠超初期の症状】妊娠かもと感じたらコレをチェック!【妊娠超初期の症状】妊娠かもと感じたらコレをチェック!...
✿--------------------------------------------------------✿

この記事では、妊娠中の辛いつわりを解消するのに効果的な方法についてお届けしています。

つわりがひどいとスムーズな私生活を過ごすことが難しいため、妊娠中の大きな悩みのひとつとなります。

今回は妊娠中の辛いつわりを解消する効果的な方法についてお届けしていきます。

妊娠中の辛いつわりを解消する効果的な方法とは

妊娠中の辛いつわりを解消する効果的な方法は、つわりのパターンに合わせて対応することです。主なつわりのパターンとしてはこちらになります。

  • 吐きつわり
  • 食べつわり
  • よだれつわり
  • 眠りつわり
  • においつわり

それでは、各パターンに合わせた効果的なつわりを解消する方法について解説していきます。

吐きつわり

妊娠中の辛いつわりを解消する効果的な方法は、無理に食べようとせずに水分補給を心がけることです。

吐き気が強いつわりの場合は、「においが不快に感じて食べられない」や「食べてもすぐに吐いてしまう」といった方が多いです。

食事が摂れないと赤ちゃんの栄養不足が不安になる方もいると思います。しかし、無理に食べなくても妊娠前に摂取して蓄えていた栄養で、赤ちゃんは成長できると言われています。

食べられない時は無理せず、食べられそうなときに食べられるものを摂取しましょう。冷麺やゼリーなどののど越しが良いものは比較的食べやすい傾向にあるようです。

「何も食べられない」という時は脱水症状を招いてしまう可能性があるため、水分補給を心がけましょう。

食べられる場合は豚肉やブロッコリーを摂取することがオススメです。つわりの緩和に効果的なビタミンB6がたくさん含まれているため、改善に繋げることができます。

→水分補給にオススメな8つの飲み物とは

食べつわり

妊娠中の辛いつわりを解消する効果的な方法は、1回の量を減らして食事回数を増やすことです。

空腹感を感じると吐き気を感じてしまう食べつわりは、食べすぎてしまうことで体重が増えてしまいがちです。

体重が増えすぎてしまうと心臓に負荷がかかってしまうことや、妊娠中毒症になる可能性があるため注意が必要です。

食べすぎてしまわないように気を付けながら吐き気を緩和するためには、1回の食事量を減らして食事回数を増やすことが効果的です。

量を減らすことで回数が増えても、適度な摂取量を得ることができます。

外出する際などの吐き気の緩和は手軽に食べられる小さなおにぎりや飴などがオススメです。

しかし、糖分の摂りすぎは良くないため食べすぎに注意し、水分補給は当分の含まれていないお茶やミネラルウォーターを心がけましょう。

【→妊娠中にオススメな6つの食べ物とは

よだれつわり

妊娠中の辛いつわりを解消する効果的な方法は、適度にうがいをすることです。

妊娠中に分泌量が増えてしまった唾液を不快に感じるよだれつわりは、適度にうがいを行うことが効果的です。

うがいをすることで口の中をすっきりとすることができ、つわりの症状を緩和することができます。

うがいができない場面では「ティッシュで拭き取る」「飴を食べる」「ハーブティーを飲む」などの方法をとることで、不快に感じにくくすることができます。

眠りつわり

妊娠中の辛いつわりを解消する効果的な方法は、寝れる環境を整えることです。

眠気が強く頻繁に訪れる眠りつわりは、無理せず眠ることで解消することができます。

しかし、自宅で上の子がいる時や働いている時は眠ることができずに辛いものです。

10分程度でもスキマ時間を見つけて眠ることで体を楽にすることができるため、眠れる時間を見つけるように心がけましょう。

急な眠気で注意力が落ちてしまうこともあります。車の運転は控えるようにすることがおすすめです。

「仕事の休憩時間に仮眠をとる」「周囲の方の理解を得る」「上の子を任せられる環境を整える」などの方法で、体を休められるようにしていきましょう。

においつわり

妊娠中の辛いつわりを解消する効果的な方法は、においを避けることやマスクを使用することです。

「お米の炊けるにおいが辛い」といったにおいつわりは、なるべく苦手なにおいを避けることが大切です。

マスクを使用することで、においを感じにくくすることも効果的です。

家族の協力を得て料理やゴミ出しなどを控えることで、不快に感じるリスクを減らすことができます。

まとめ

妊娠中の辛いつわりを緩和する方法について、簡単にまとめるとこのような形になります。

  • 吐きつわりは食べられるときに食べる
  • 食べつわりは1回の量を減らして回数を増やす
  • よだれつわりは適度にうがいを行う
  • 眠りつわりは寝られる環境を整える
  • においつわりはにおいを避けてマスクをする

すこしでもつわりを緩和して、スムーズな生活を送れるように心がけましょう。