妊娠初期に麦茶が効果的な理由と注意点とは

♥同ジャンルの本日の人気ランキング♥ クリアブルーが陰性でも妊娠の可能性がある!?クリアブルーが陰性でも妊娠の可能性がある!?...
✿--------------------------------------------------------✿
Pチェックで陰性から陽性になる事がある理由Pチェックで陰性から陽性になる事がある理由...
✿--------------------------------------------------------✿
【妊娠超初期の症状】妊娠かもと感じたらコレをチェック!【妊娠超初期の症状】妊娠かもと感じたらコレをチェック!...
✿--------------------------------------------------------✿

この記事では、妊娠初期に麦茶が効果的な理由や飲む時の注意点についてお届けしています。

妊娠初期に摂取する飲み物は赤ちゃんへの影響があるものも多いです。水分補給として摂取する飲み物はママや赤ちゃんに良い影響のあるものがオススメです。

今回は、妊娠初期に麦茶が効果的な理由飲む時の注意点についてお届けしていきます。

妊娠初期に麦茶が効果的な理由とは

妊娠初期に麦茶が効果的な理由はこちらになります。

  • 血液がサラサラになる
  • 胃の粘膜を守れる
  • 生活習慣病を予防できる
  • 母乳の出が良くなる
  • ノンカフェイン

それでは詳しく解説していきます。

血液がサラサラになる

妊娠初期に麦茶が効果的な理由は、血液をサラサラにしてむくみや冷え性の対策になることです。

麦茶には「ピラジン」という栄養素が含まれています。この「ピラジン」には血の流れをスムーズにする効果があります。

血液をサラサラにすることで全身に新鮮な栄養を巡らせることができるためとてもオススメです。

また、麦茶に含まれている成分の「GABA」には、血圧降下作用があります。妊娠初期や妊娠中に注意が必要な「冷え性」「むくみ」といったトラブルの予防や改善に繋がるため効果的です。

→妊娠集にオススメな6つの食べ物とは

胃の粘膜を守れる

妊娠初期に麦茶が効果的な理由は、胃の粘膜を守れることです。

妊娠初期や妊娠中には「ストレス」や「自律神経の乱れ」などで、胃腸の調子が悪くなってしまうことがあります。「胃もたれ」や「胃腸炎」を招く恐れがあるため注意が必要です。

麦茶には胃の粘膜を保護する作用や、糖尿病の合併症を抑える働きがあります。麦茶を飲むことで胃のトラブルを減らすことが出来るため効果的です。

水分補給だけでなく「食事中の飲み物」として飲むことで、胃の粘膜を守る事ができるためオススメです。

→妊娠中の辛いつわりを解消する効果的な5つの方法とは

生活習慣病を予防できる

妊娠初期に麦茶が効果的な理由は、生活習慣病の予防ができることで妊娠中のトラブルを抑えられることです。

麦茶には抗酸化作用のある「pクマル酸」が含まれています。抗酸化作用を得ることで「心筋梗塞」や「脳卒中」のような生活習慣を予防する効果が期待できます。

また、「活性酸素」を除去する作用があり、肌荒れなどのトラブルを予防することができます。

母乳の出が良くなる

妊娠初期に麦茶が効果的な理由は、母乳の出を良くできることです。

麦茶には血液をサラサラにする効果があり、母乳もサラサラにすることができます。母乳の出が良くなることで乳腺炎の予防屋解消に繋がるため魅力的です。

妊娠後期から産後の授乳中に飲むことで母乳の出を良くすることができるため、妊娠初期のうちから飲みなれておくことはとてもオススメです。

ノンカフェイン

妊娠初期に麦茶が効果的な理由は、ノンカフェインで安心して飲めることです。

麦茶には赤ちゃんに影響を与える「カフェイン」が含まれていません。そのため水分補給として摂取することのできる飲み物です。

妊娠中に摂取しても良いカフェインは1日300mgまでとされており、これを超えてしまうと赤ちゃんに悪影響を与えてしまうと言われています。

カフェインの過剰摂取は低体重児のリスクも高まってしまうため注意が必要です。

その点、ノンカフェインの麦茶は妊娠中にオススメな飲み物です。

妊娠初期に麦茶を飲む時の注意点とは

妊娠初期に麦茶を飲む時の注意点は、なるべく常温か温めた状態で摂取することです。

妊娠中は体を冷やさないようにん心がける必要があり、冷えた麦茶を飲みすぎることは控えることが大切です。

なるべく「常温」もしくは「温めた状態」で飲むように心がけましょう。

麦茶の効果を高めるために「寝起き」や「食事中」に飲むことがオススメです。また、日中の水分補給にも適しているため積極的に飲むようにしましょう。

妊娠中の1日に摂取する水分量は2Lです。麦茶や水、汁物などの合計が2Lになるように心がけて摂取していきましょう。

→妊娠初期にオススメな8つの飲み物とは

まとめ

妊娠初期に麦茶が効果的な理由や飲む時の注意点について簡単にまとめると、このような形になります。

  • 血液がサラサラになる
  • 胃の粘膜を守れる
  • 生活習慣病を予防できる
  • 母乳の出が良くなる
  • ノンカフェイン
  • 常温や温めた状態で飲む

水分補給でママや赤ちゃんに良い影響を与えていきましょう。