妊娠初期にゆず茶が効果的な理由と注意点とは

この記事では、妊娠初期にゆず茶を飲むメリットや注意点についてお届けしています。

妊娠初期に摂取する飲み物は、赤ちゃんやママに良い影響を与えるものがオススメです。

今回は、妊娠初期にゆず茶が効果的な理由飲む時の注意点についてお届けしていきます。

妊娠初期にゆず茶が効果的な理由とは

妊娠初期にゆず茶が効果的な理由はこちらになります。

  • ビタミンが含まれている
  • リラックス効果がある
  • 体が温まる
  • のどの炎症を抑えられる

それでは詳しく解説していきます。

ビタミンが含まれている

妊娠初期にゆず茶が効果的な理由は、不足しがちなビタミンを得られることです。

ゆず茶には「ビタミンC」や「ビタミンB12」といった不足しがちなビタミンが豊富に含まれています。

ビタミンCは抗酸化作用があり、妊娠中に気になる「肌荒れ」の予防に効果的です。「ゆずの皮」に含まれているビタミンCはレモンの約4倍と言われています。

ビタミンB12は葉酸のことで、産院でも積極的な摂取を進められる大切な栄養素です。

ミネラルや鉄分といった妊娠中に摂取したい栄養素も含まれているためとてもオススメな飲み物です。

→妊娠中のミネラル不足にオススメなルイボスティーとは

リラックス効果がある

妊娠初期にゆず茶が効果的な理由は、リラックス効果を得られることです。

ゆずにはリラックス作用のある「リモネン」が含まれています。香りを嗅ぐことで脳に刺激を与えることができ、自律神経を整えることができます。

リラックス効果を得ることで寝つきが良くなることや安眠に繋がります。

妊娠中で寝つきが悪き方にとてもおすすめできる飲み物です。

→妊娠中にオススメなリラックス効果のあるローズヒップティーとは

体が温まる

妊娠初期にゆず茶が効果的な理由は、血管を拡張させて体を温められることです。

ゆずには血管を拡張させる「ヘスペリジン」が含まれています。血管を拡張することで血の流れが良くなり、体を温められるためオススメです。

妊娠中の体の冷えはできる限り防ぐことが良いため、体を温められるゆず茶はとても魅力的です。

また、血の流れが良くなることでむくみの改善や予防にも繋がるためオススメです。

のどの炎症を抑えられる

妊娠初期にゆず茶が効果的な理由は、のどの炎症を抑えられることです。

ゆず茶には殺菌作用のある「はちみつ」が含まれています。殺菌作用によりのどの炎症を抑えることができるため魅力的です。

→妊娠中にオススメな麦茶は胃の粘膜を守れるってホント?

妊娠中はなるべく風邪薬などを控えることから、風邪気味な時などにゆず茶を飲むことはとてもオススメです。

妊娠初期にゆず茶を飲む時の注意点とは

妊娠初期にゆず茶を飲む時の注意点は、カロリーが高いため飲みすぎないことです。

ゆず茶のカロリーは約コップ1杯の200mlで48kcalあります。これはコーヒーの2倍くらいのカロリーなため、飲みすぎてしまうとカロリーを摂りすぎる恐れがあります。

ゆず茶の大量摂取は控えて1日2杯までとしましょう。

飲むタイミングとしてオススメなのが「寝る前」です。寝る前に飲むことでリラックス効果を得ることができ、寝つきを良くすることができます。

また、寝起きに飲むことも目覚めが良くなることで、落ち着いた気分で1日を過ごすことができるためオススメです。

→妊娠初期にオススメな8つの飲み物とは

まとめ

妊娠初期にゆず茶が効果的な理由や飲む時の注意点について簡単にまとめると、このような形になります。

  • ビタミンが含まれている
  • リラックス効果がある
  • 体が温まる
  • のどの炎症を抑えられる

ゆず茶を飲んでママや赤ちゃんに良い影響を与えていきましょう。