不妊の原因?増えている多嚢胞性卵巣症候群とは

この記事では、不妊症の原因になっている多嚢胞性卵巣症候群について、詳しくお届けしています。

「なかなか妊娠できない」「もしかして不妊症かも」と感じたら、多嚢胞性卵巣症候群の可能性があります。ここでは、気になる多嚢胞性卵巣症候群のポイントについてお届けしていきます。

多嚢胞性卵巣症候群とは

多嚢胞性卵巣症候群とは、「多嚢胞卵巣」「PCO」「PCOS]などと呼ばれる排卵が行われない病気のひとつです。

通常の排卵は卵胞と言われる袋の中で卵細胞が育ち、成熟すると卵胞が破れて排卵を起こします。しかし、多嚢胞性卵巣症候群になると、卵細胞の成長による卵胞の破裂が起きない為、卵胞が卵巣に付着し厚くなってしまいます。

多嚢胞性卵巣症候群は不妊症に繋がる正常な排卵が起きない排卵障害のひとつです。最近では若い女性の20人に1人が多嚢胞性卵巣症候群ではないかと言われています。

不妊症になると自分を責めてしまう方や気分が落ち込む方も多いです。しかし、ストレスは不妊症にとってよくない為、「自分だけ」と思い詰めずに向き合っていくことが大切です。

多嚢胞性卵巣症候群は妊娠できないの?

多嚢胞性卵巣症候群は、100%排卵されないと決まったわけではないので妊娠できる可能性はあります。

排卵が行われない多嚢胞性卵巣症候群では、妊娠できないのではないかと不安になる方もいると思います。

しかし、その月に排卵が行われなかっただけの可能性もあります。女性のカラダはあらゆる影響を受けやすいものです。ストレスや食生活を改善してホルモンバランスを整えると、排卵が起きる可能性もあります。

また、病院でしっかりと治療を受けることで、改善できる可能性があります。「多嚢胞性卵巣症候群かもしれない」と感じた場合は、受診するように心がけましょう。

【→不妊症におすすめな妊娠しやすいカラダづくりとは

チェック項目に当てはまると注意が必要

多嚢胞性卵巣症候群の方に多いといわれている特徴です。

  • 生理が来ない月や周期の間隔が35日以上ある
  • 疲労感を感じやすい
  • 久々の生理では出血量が多く感じる
  • ニキビが多いかもしれない
  • 顔や背中などの毛が濃く感じる
  • フケや抜け毛が多く感じる
  • 脂性で太りやすく痩せにく

基礎体温を付けてみる

多嚢胞性卵巣症候群で排卵が行われていない場合は、基礎体温での低温期と高温期の変化がありません。

妊娠を望む際にとても重要な基礎体温なので、日ごろから測るように心がけましょう。

基礎体温を3ヶ月程度測った状態で産婦人科を受診すると、医師の診察がスムーズに行えます。カラダの状況を理解するうえでとても大切なことなので、習慣として付けていきましょう。

→妊娠初期と生理の基礎体温の変化とは

食生活や適度な運動を取り入れる

多嚢胞性卵巣症候群による不妊は、「ストレスの解消」「栄養バランスを整える」「睡眠不足の解消」「肥満の解消」などの、ホルモンバランスを整えることが有効と言われています。

食生活を見直して野菜中心の健康的な食事を摂ることや、適度な運動を行いストレス解消や肥満の解消に繋げることはとても大切です。

【→不妊症の改善に効果的な食事とは

健康な体を作り、赤ちゃんを迎え入れる準備にも繋がるためおすすめです。

まとめ

多嚢胞性卵巣症候群のポイントを簡単にまとめるとこのような形になります。

  • 分泌ホルモンの乱れで排卵が行われていない
  • 基礎体温をしっかりとつける
  • ストレスや食生活を解消する
  • 産婦人科を受診する

ストレスを感じてしまいがちですが、リフレッシュしてホルモンバランスを整えていきましょう。