ゴールデンウィークの北海道旅行の気温や服装

この記事では、ゴールデンウィークに北海道へ旅行に行く際の気温や適切な服装について分りやすくお届けしています。

長期休みのゴールデンウィークは「飛行機で旅行に行きたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

「自然豊かな北海道に行きたい」とか「修学旅行で行く予定」といった場合に、気温や服装を想像しにくいものです。

ゴールデンウィークの北海道は寒さが残っていることが多く、準備を間違ってしまうと現地で用意することになってしまう場合もしばしばあります。

せっかく用意しても身につけられなかったら荷物が増えてしまうだけなので、適切な準備を行いましょう。

今回は、ゴールデンウィークの北海道旅行の気温や服装についてお届けします。

ゴールデンウィークの北海道旅行の気温や服装

ゴールデンウィークの北海道旅行の気温や服装について詳しくお届けしていきます。

ゴールデンウィークの北海道の気温

ゴールデンウィークの北海道の気温の目安は、

最低気温5度~最高気温22度くらい

となっています。

「その年によって」「北海道の具体的な場所によって」気温の上下はありますが、大体このくらいの気温のことが多いです。

日中と夜間の気温差が大きいため、どちらにも対応できるようにしておく必要があります。

北海道旅行の服装のオススメとは

ゴールデンウィークの北海道旅行の服装のオススメは、臨機応変に対応できる格好です。

オススメのトップス

インナーは薄手のトップスで暑い時に備えておきましょう。半袖のインナーにサッと羽織れるカーディガンやパーカーなどがあると温度調節がしやすいです。

GW時期は風が吹いていることが多いので、薄手で長袖のニットなども着ることができます。

オススメのアウター

アウターは冷え込んでいる日や夜の気温が低い時に活躍します。

春用トレンチコートにストール、ジャケット、Gジャンなどが良いと思います。

風が吹いて首元が寒く感じやすいので、首を隠せるようにしておくと寒さ対策が行えます。

オススメの靴

靴は履きなれている春用の靴で大丈夫です。

女性はつま先が出ているようなサンダルなどはまだ寒い季節なので、パンプスや通常の短靴などが良いでしょう。

北海道に住んでいる方の服装とは

ゴールデンウィークの北海道旅行で気になる「北海道に住んでいる方の服装」についてまとめていきます。

北海道に住んでいる方は「雪解けが待ち遠しい」という気持ちからなのか、涼しげな格好をされている方が多いように感じます。

GWでも場所によってはまだ雪が残っている北海道ですが、歩く場所は地面が出ていることが多いので、通常の靴で歩くことができます。

ブーツやコート、ボアなどを着用している方は減っている時期で、スカートや薄手のジャケットで歩いている方もいます。日中になると半袖で歩いている方もいるので驚きました。

重たいダウンジャケットを脱いで「春を感じる軽い服装」をされていることが多い印象です。気温の感じ方は人それぞれなので、温度調節が行いやすい服装を準備しましょう。