デオナチュレ「ソフトストーンW」の効果や使い方と使用感レビューや口コミ

この記事では、デオナチュレ「ソフトストーンW」の効果や使い方と使用感レビューや口コミについて詳しくお届けしています。 デオナチュレ「ソフトストーンW」は2007年2月1日に発売された制汗剤のデオドラント商品です。 スティ...
Miu

今やれることを精一杯やる!と思いながらマイペースに過ごしています。
好奇心旺盛なので、様々なジャンルについての記事を書いていますよ♡*°

Miuをフォローする

この記事では、デオナチュレ「ソフトストーンW」の効果や使い方と使用感レビューや口コミについて詳しくお届けしています。

デオナチュレ「ソフトストーンW」は2007年2月1日に発売された制汗剤のデオドラント商品です。

スティックタイプで直塗りすることができ、気になる汗の匂いを長時間消臭することができます。

ベタつかずにサラッとした使い心地なので乾かすことなく服を着ることができ、手軽に使えるプチプラな制汗剤として人気を集めています。

今回は、デオナチュレ「ソフトストーンW」の効果や使い方と使用感レビューや口コミについてお届けしていきます。

デオナチュレ「ソフトストーンW」の効果や使い方と使用感レビューや口コミ

デオナチュレ「ソフトストーンW」の効果や使い方と使用感レビューや口コミについて詳しく解説していきます。

デオナチュレ「ソフトストーンW」とは

デオナチュレ「ソフトストーンW」は2007年2月1日に発売された直塗りタイプの制汗剤です。

忙しい朝でも手軽に塗ることができるスティックタイプのデオドラント商品となっており、無香料でアルコールフリーな制汗剤です。

出かける前に使用することで長時間キープすることができ、気になる汗の匂いやわきがをしっかりと防ぐことができます。

サッと塗ることができ白くならないので、使い勝手の良い商品です。値段も20gで1000円とお手頃価格になっています。

デオナチュレ「ソフトストーンW」の効果とは

デオナチュレ「ソフトストーンW」の効果は直塗りで長時間汗の匂いやわきがを消臭できることです。

ベタつかずにサラッとした使用感なので、出かける直前に塗ってもそのまま服を着ることができます。

手軽に使用することができ、白残りしないところも嬉しいポイントです。

無香料で嫌な臭いを抑えられる商品なので、脇が出てしまう服装も着られるようになります。

持続力が高いので塗り直しの回数を減らすことができるため、コスパも良い商品ですね。

デオナチュレ「ソフトストーンW」の使い方とは

デオナチュレ「ソフトストーンW」の使い方は乾いた清潔な肌に塗ることです。

肌に直接塗ることができるスティックタイプのデオナチュレ「ソフトストーンW」は、清潔な肌に使用することが大切です。

汚れた肌に使用してしまうと消臭効果が半減してしまうことや肌荒れを招く可能性があるため、お風呂上がりや拭き取りシートなどで肌を拭いてから使用しましょう。

スティックの底の部分を回して1cmほど出し、汗の臭いが気になるワキなどの肌に直接塗りましょう。

5~6往復程度塗るとしっかりと効果を発揮することができます。デオナチュレ「ソフトストーンW」を使用したあとは必ずキャップをしっかりと閉め、乾燥してしまわないように気をつけましょう。

デオナチュレ「ソフトストーンW」を足にも使用したいと思う方もいるかも知れませんが、足は雑菌が繁殖しやすい場所です。

脇と足を同じ商品で直塗りしてしまうと肌トラブルを招く可能性もあり、効果も半減してしまいます。

足は足に特化された商品を使用したほうが高い効果が期待できるため、併用せずにデオナチュレ「ソフトストーンW」は脇に使用することが良いと思います。

デオナチュレ「ソフトストーンW」の全成分とは

デオナチュレ「ソフトストーンW」の全成分はこちらです。

焼ミョウバン/イソプロピルメチルフェノール/ビロウドアオイエキス/ワレモコウエキス/油溶性ローズマリーエキス-3/スクワラン/ティーツリーオイル/メントール/無水ケイ酸/トリオクタン酸グリセリル/パラフィン/マイクロクリスタリンワックス/BG/シクロペンタシロキサン/POPブチルエーテル-1/セスキイソステアリン酸ソルビタン/ステアリルアルコール

有効成分は「焼ミョウバン」と「イソプロピルメチルフェノール」です。

デオナチュレ「ソフトストーンW」の使用感レビュー

デオナチュレ「ソフトストーンW」の使用感レビューについてまとめていきます。

発売当初から人気を集めている商品で、直塗りできて白残りしないところはとても助かります。

消臭効果もしっかりとあるので、値段的にも使いやすい商品です。

直塗りなので楽な分、口コミにもあるように衛生面が不安になるところもあります。使用前に脇を綺麗に拭くことや、定期的に塗る部分を軽く拭き取るようにしています。

肌が弱っているときや毛の処理をした直後に塗ってしまうと痒みや肌荒れを起こすこともあるので、肌の様子をみながら使用しています。

コメント