正しいスキンケアの方法(クレンジング・洗顔・化粧水・美容液・乳液編)

この記事では、正しいスキンケアの方法(クレンジング・洗顔・化粧水・美容液・乳液編)について詳しくお届けしています。 スキンケアの基本は「洗顔」と「保湿ケア」です。 これは幼少期から行っている”習慣”のひと...
Miu

今やれることを精一杯やる!と思いながらマイペースに過ごしています。
好奇心旺盛なので、様々なジャンルについての記事を書いていますよ♡*°

Miuをフォローする

この記事では、正しいスキンケアの方法(クレンジング・洗顔・化粧水・美容液・乳液編)について詳しくお届けしています。

スキンケアの基本は「洗顔」と「保湿ケア」です。

これは幼少期から行っている”習慣”のひとつなので、ざっくりとした方法はわかるはず。

ですが、”正しい”やり方を行うと、いつも通りのスキンケアでも肌は徐々に調子が良くなっていくんです♡*°

スキンケアって高級な物を使わなくても、肌がキレイになるのかしら!

ふふふ♡正しいやり方を身につけると、今よりもずっとキレイな肌になれるよ♡

今回は、正しいスキンケアの方法(クレンジング・洗顔・化粧水・美容液・乳液編)についてお届けしていきます。

正しいスキンケアの方法(クレンジング・洗顔・化粧水・美容液・乳液編)

正しいスキンケアの方法(クレンジング・洗顔・化粧水・美容液・乳液編)について、詳しく解説していきます。

正しいスキンケアの方法とは

あなたはスキンケアと聞いて何を連想しますか?

  • クレンジング
  • 洗顔
  • 拭き取り化粧水
  • 導入化粧水
  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • クリーム
  • パック

などなど、このようなケアのことですよね♡*°

でも、洗顔や保湿ケアって、子供の頃からの習慣。

誰かから教えられた方法を”ずっと正しいと思って”行っているのではないでしょうか…。

もし、その方法が間違っていたとしたら…Σ(゚д゚lll)

どんなに良い基礎化粧品を使っていたとしても、効果が減少してしまっている可能性があるんです。

なので、今回は、それぞれのスキンケアの正しい方法と、押さえておきたいポイントや注意点についてお届けしていきたいと思います♡*°

スキンケアを行う正しい順番

スキンケアを行う正しい順番をまとめてみました。

※私のオススメする順番なので、一概にこれだけが正しいわけではありません。

そして、この流れを毎日行うのではありませんよ!!!

お休みの日を作ったり、併用しない方が良いものもあります。

それに関しては後述していきます(*´꒳`*)

  1. クレンジング(メイク落とし)
  2. ホットタオル(毛穴を開く)
  3. 洗顔(汚れを落とす)
  4. スクラブ(角質ケア)
  5. 拭き取り化粧水
  6. 導入化粧水
  7. 化粧水
  8. 美容液
  9. パック
  10. 乳液
  11. クリーム

クレンジング(メイク落とし)

”メイクをしている方”はクレンジングが必要です。

とはいえ、洗顔料の中には「ダブル洗顔不要」なものがあります。

洗顔をする時に”W洗顔不要の洗顔料”でメイク汚れまで綺麗に落とせているなら、クレンジングは必要ありません。

大事なのは、メイク汚れを綺麗に落とせているかどうかです!

クレンジングやメイク落としの役割

メイク汚れを落とすのが”メイク落とし”や”クレンジング”と呼ばれているものです。

なので、メイクを落とせているかが大事なんですね。

  • メイクにウォータープルーフを使っているか
  • リキッドファンデーションを使っているか
  • パウダーファンデなのか
  • マツエクを付けているか

みたいなメイクの状態で、使用すべき商品は異なってきます。

クレンジングやメイク落としを選ぶポイント

ポイントとなるのが、

  • 力不足だと汚れが落とせなくて肌に負担がかかる
  • 強すぎると肌に負担をかけてしまう

ということです。

理想的なクレンジングは「擦らずスルッと洗い流せる」「なるべく肌に負担の少ないもの。

こちらの表を参考に、あなたに合った”クレンジング○○””を選びましょう。

クレンジングのジャンルで肌に優しい順番とメイク落ちの良い順番
肌に優しいメイク落ちが良い
クリームオイル
ミルククリーム
ジェルリキッド
リキッドミルク
オイルジェル
シートシート
肌に悪いメイク落ちが悪い

ホットタオル(毛穴を開く)

ホットタオルは、絶対やらなきゃいけないというわけではありません。

これは”毛穴汚れをしっかり落としたい”と思った時に行ってくださいね。

ホットタオルを使えば毛穴を開けるので、洗顔の時に”黒ずみ汚れ”とか”角栓”とか…。

いわゆる「毛穴の汚れ」を簡単に落とせるようにできるんです!

ホットタオルのやり方
  1. 清潔なタオルを水で湿らせる
  2. 電子レンジで温める
  3. やけどしない程度の温度で顔に乗せる
ホットタオルのポイントや注意点

ホットタオルは毎日やると

  • 「毛穴の黒ずみがキレイになるよ」
  • 「いやいや、肌に負担がかかって逆効果だから!」

んー…賛否両論ですね。

なので、週に2回くらい行うなら、肌を休めることも汚れを落とすこともできます。

汚れがキレイに落とせれば基礎化粧品の美容成分も浸透しやすくできるから、無理のない程度にやると効果は抜群です!

洗顔(汚れを落とす)

洗顔はメイク汚れ以外の

  • 雑菌
  • 皮脂汚れ

などをまとめて落とせます。

もちろん、W洗顔不要ならある程度のメイクも落とせますよヽ(*´∀`)ノ

洗顔の正しいやり方とポイント
  • 泡立てが必要なものはモコモコの泡を作る
  • ぬるま湯で洗う
  • 肌を擦らないように注意する
  • 泡は30~60秒以内で流す

なるべく肌に負担をかけないのがポイントです。

ぬるま湯を使えば皮脂汚れも落としやすいし、毛穴も開いた状態で洗えますよ。

泡を長時間付けていると肌に残しておいた方が良い皮脂まで洗い流してしまい…

乾燥しやすくなる原因にΣ(゚д゚lll)

だから、汚れを落とそうと必死にゴシゴシ擦るなんて絶対ダメです。

泡で包み込むように優しく洗いましょうね♡*°

スクラブ(角質ケア)

スクラブや角質ケアは毎日やってはいけませんよ。

古くなった角質を落とす程度は良いのですが、毎日やってしまうと肌が傷つきますΣ(゚д゚lll)

スクラブやピーリングは

  • 砂糖(シュガー)
  • 塩(ソルト)
  • AHA

などなど、様々な種類がありますね。

種類によって肌への負担やスクラブ効果の強さも変わるので、行う頻度にも差があるんです。

だから、使う前にその商品の”使い方”と”肌の状態”を確認しましょう。

角質ケアのメリット

古く固くなった角質は化粧水や美容成分の浸透の妨げになります。

よく「ファンデを肌に乗せるとガサガサに見える」なんてことも、固くなった角質が原因だったりします。

なので、適度な角質ケアは”ツルツルすべすべな肌”には必要。

頻度を間違えると肌をボロボロにする原因にもなってしまうので、やりすぎに気をつけながら取り入れると良いですよ♡*°

拭き取り化粧水

洗顔だけでは洗い落とせなかったらメイク汚れなどを取り除く役割なのが”ふき取り化粧水”です。

肌に汚れが残っていると化粧水や美容液の成分の浸透をさまたげてしまう…。

なので、化粧水の前にふき取り化粧水を使用すると、その後のスキンケアの効果がアップできるんです。

ふき取り化粧水は「化粧水の浸透が悪いわー…」なんて時にとってもオススメ♡*°

導入化粧水

導入化粧水は基礎化粧品の最初(化粧水の前)に使うと、化粧水の浸透力を高められるアイテムです。

  • 潤いが足りない
  • 化粧水の浸透が悪い
  • 肌の乾燥が気になる

なんて時は導入化粧水を使っておくのがオススメ♡*°

化粧水

化粧水は”肌の水分補給”

肌の水分量を一時的に高めてくれるアイテムです。

化粧水を肌にしっかり浸透させれば肌はウルウルに♡*°

水分は蒸発してしまうので、乳液・クリームを塗る必要がありますよ!

美容液

+αのケアをしてくれる美容液。

集中ケアができる救世主です!

  • 潤いケア
  • 美白ケア
  • 乾燥対策
  • ニキビ予防

などなど。

その時に欲しい成分だけを補給できます!

「いつものスキンケアにプラスして集中ケアしたいわ」って時は美容液ですね♡*°

パック

パックは化粧水の潤いケアや美容液の+αケアができるスペシャルケアアイテムです。

「しっかりケアしたい」「朝のスキンケアを時短したい」「翌日の大切な予定に備えたい」なんて時は、パックがオススメ♡*°

「スキンケアは1ヶ月~半年使い続けないとわからない」なんてい言われていますけど、パックはすぐに効果が感じやすいのも特徴的です。

乳液

化粧水や美容液の成分を肌に閉じ込めるためにあるのが乳液です。

油分が入っているので肌表面にベールを張って肌に蓋をできます!

化粧水でウルウルの肌も時間が経つと乾燥してしまうので、油分で蒸発させない対策が大事です!

クリーム

乳液よりも油分が多いのがクリームです。

クリームは乳液よりも重たいつけ心地のものが多いですが、保湿力は乳液よりも高い!

肌を保護してくれる効果も高いと言われていますよ♡*°

「乾燥時期にはクリームでしっかり保湿対策」みたいに、肌のコンディションを見ながら変えていくのがベスト!

コメント