正しいスキンケアの方法(クレンジング・洗顔・化粧水・美容液・乳液編)

♥同ジャンルの本日の人気ランキング♥ 香水ボトルのような目薬のサンテボーティエを使ってみた♡効果・使い方・成分・口コミ・使用感の検証レポ【参天製薬】香水ボトルのような目薬のサンテボーティエを使ってみた♡効...
✿--------------------------------------------------------✿
ラロッシュポゼ「UVイデアXLプロテクショントーンアップ」の効果や使い方と敏感肌の使用感レビューラロッシュポゼ「UVイデアXLプロテクショントーンアップ...
✿--------------------------------------------------------✿
ダイソーの炭酸泡洗顔を試してみた!効果や使い方と使用感レビューや口コミ評価ダイソーの炭酸泡洗顔を試してみた!効果や使い方と使用感レ...
✿--------------------------------------------------------✿

この記事では、正しいスキンケアの方法(クレンジング・洗顔・化粧水・美容液・乳液編)について詳しくお届けしています。

スキンケアの基本は「洗顔」と「保湿ケア」です。

これは幼少期から行っている”習慣”のひとつなので、ざっくりとした方法はわかるはず。

ですが、”正しい”やり方を行うと、いつも通りのスキンケアでも肌は徐々に調子が良くなっていくんです♡*°

スキンケアって高級な物を使わなくても、肌がキレイになるのかしら!

ふふふ♡正しいやり方を身につけると、今よりもずっとキレイな肌になれるよ♡

今回は、正しいスキンケアの方法(クレンジング・洗顔・化粧水・美容液・乳液編)についてお届けしていきます。

正しいスキンケアの方法(クレンジング・洗顔・化粧水・美容液・乳液編)

正しいスキンケアの方法(クレンジング・洗顔・化粧水・美容液・乳液編)について、詳しく解説していきます。

正しいスキンケアの方法とは

あなたはスキンケアと聞いて何を連想しますか?

  • クレンジング
  • 洗顔
  • 拭き取り化粧水
  • 導入化粧水
  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • クリーム
  • パック

などなど、このようなケアのことですよね♡*°

でも、洗顔や保湿ケアって、子供の頃からの習慣。

誰かから教えられた方法を”ずっと正しいと思って”行っているのではないでしょうか…。

もし、その方法が間違っていたとしたら…Σ(゚д゚lll)

どんなに良い基礎化粧品を使っていたとしても、効果が減少してしまっている可能性があるんです。

なので、今回は、それぞれのスキンケアの正しい方法と、押さえておきたいポイントや注意点についてお届けしていきたいと思います♡*°

スキンケアを行う正しい順番

スキンケアを行う正しい順番をまとめてみました。

※私のオススメする順番なので、一概にこれだけが正しいわけではありません。

そして、この流れを毎日行うのではありませんよ!!!

お休みの日を作ったり、併用しない方が良いものもあります。

それに関しては後述していきます(*´꒳`*)

  1. クレンジング(メイク落とし)
  2. ホットタオル(毛穴を開く)
  3. 洗顔(汚れを落とす)
  4. スクラブ(角質ケア)
  5. 拭き取り化粧水
  6. 導入化粧水
  7. 化粧水
  8. 美容液
  9. パック
  10. 乳液
  11. クリーム

クレンジング(メイク落とし)

”メイクをしている方”はクレンジングが必要です。

とはいえ、洗顔料の中には「ダブル洗顔不要」なものがあります。

洗顔をする時に”W洗顔不要の洗顔料”でメイク汚れまで綺麗に落とせているなら、クレンジングは必要ありません。

大事なのは、メイク汚れを綺麗に落とせているかどうかです!

クレンジングやメイク落としの役割

メイク汚れを落とすのが”メイク落とし”や”クレンジング”と呼ばれているものです。

なので、メイクを落とせているかが大事なんですね。

  • メイクにウォータープルーフを使っているか
  • リキッドファンデーションを使っているか
  • パウダーファンデなのか
  • マツエクを付けているか

みたいなメイクの状態で、使用すべき商品は異なってきます。

クレンジングやメイク落としを選ぶポイント

ポイントとなるのが、

  • 力不足だと汚れが落とせなくて肌に負担がかかる
  • 強すぎると肌に負担をかけてしまう

ということです。

理想的なクレンジングは「擦らずスルッと洗い流せる」「なるべく肌に負担の少ないもの。

こちらの表を参考に、あなたに合った”クレンジング○○””を選びましょう。

クレンジングのジャンルで肌に優しい順番とメイク落ちの良い順番
肌に優しい メイク落ちが良い
クリーム オイル
ミルク クリーム
ジェル リキッド
リキッド ミルク
オイル ジェル
シート シート
肌に悪い メイク落ちが悪い

ホットタオル(毛穴を開く)

ホットタオルは、絶対やらなきゃいけないというわけではありません。

これは”毛穴汚れをしっかり落としたい”と思った時に行ってくださいね。

ホットタオルを使えば毛穴を開けるので、洗顔の時に”黒ずみ汚れ”とか”角栓”とか…。

いわゆる「毛穴の汚れ」を簡単に落とせるようにできるんです!

ホットタオルのやり方
  1. 清潔なタオルを水で湿らせる
  2. 電子レンジで温める
  3. やけどしない程度の温度で顔に乗せる
ホットタオルのポイントや注意点

ホットタオルは毎日やると

  • 「毛穴の黒ずみがキレイになるよ」
  • 「いやいや、肌に負担がかかって逆効果だから!」

んー…賛否両論ですね。

なので、週に2回くらい行うなら、肌を休めることも汚れを落とすこともできます。

汚れがキレイに落とせれば基礎化粧品の美容成分も浸透しやすくできるから、無理のない程度にやると効果は抜群です!

洗顔(汚れを落とす)

洗顔はメイク汚れ以外の

  • 雑菌
  • 皮脂汚れ

などをまとめて落とせます。

もちろん、W洗顔不要ならある程度のメイクも落とせますよヽ(*´∀`)ノ

洗顔の正しいやり方とポイント
  • 泡立てが必要なものはモコモコの泡を作る
  • ぬるま湯で洗う
  • 肌を擦らないように注意する
  • 泡は30~60秒以内で流す

なるべく肌に負担をかけないのがポイントです。

ぬるま湯を使えば皮脂汚れも落としやすいし、毛穴も開いた状態で洗えますよ。

泡を長時間付けていると肌に残しておいた方が良い皮脂まで洗い流してしまい…

乾燥しやすくなる原因にΣ(゚д゚lll)

だから、汚れを落とそうと必死にゴシゴシ擦るなんて絶対ダメです。

泡で包み込むように優しく洗いましょうね♡*°

スクラブ(角質ケア)

スクラブや角質ケアは毎日やってはいけませんよ。

古くなった角質を落とす程度は良いのですが、毎日やってしまうと肌が傷つきますΣ(゚д゚lll)

スクラブやピーリングは

  • 砂糖(シュガー)
  • 塩(ソルト)
  • AHA

などなど、様々な種類がありますね。

種類によって肌への負担やスクラブ効果の強さも変わるので、行う頻度にも差があるんです。

だから、使う前にその商品の”使い方”と”肌の状態”を確認しましょう。

角質ケアのメリット

古く固くなった角質は化粧水や美容成分の浸透の妨げになります。

よく「ファンデを肌に乗せるとガサガサに見える」なんてことも、固くなった角質が原因だったりします。

なので、適度な角質ケアは”ツルツルすべすべな肌”には必要。

頻度を間違えると肌をボロボロにする原因にもなってしまうので、やりすぎに気をつけながら取り入れると良いですよ♡*°

拭き取り化粧水

洗顔だけでは洗い落とせなかったらメイク汚れなどを取り除く役割なのが”ふき取り化粧水”です。

肌に汚れが残っていると化粧水や美容液の成分の浸透をさまたげてしまう…。

なので、化粧水の前にふき取り化粧水を使用すると、その後のスキンケアの効果がアップできるんです。

ふき取り化粧水は「化粧水の浸透が悪いわー…」なんて時にとってもオススメ♡*°

導入化粧水

導入化粧水は基礎化粧品の最初(化粧水の前)に使うと、化粧水の浸透力を高められるアイテムです。

  • 潤いが足りない
  • 化粧水の浸透が悪い
  • 肌の乾燥が気になる

なんて時は導入化粧水を使っておくのがオススメ♡*°

化粧水

化粧水は”肌の水分補給”

肌の水分量を一時的に高めてくれるアイテムです。

化粧水を肌にしっかり浸透させれば肌はウルウルに♡*°

水分は蒸発してしまうので、乳液・クリームを塗る必要がありますよ!

美容液

+αのケアをしてくれる美容液。

集中ケアができる救世主です!

  • 潤いケア
  • 美白ケア
  • 乾燥対策
  • ニキビ予防

などなど。

その時に欲しい成分だけを補給できます!

「いつものスキンケアにプラスして集中ケアしたいわ」って時は美容液ですね♡*°

パック

パックは化粧水の潤いケアや美容液の+αケアができるスペシャルケアアイテムです。

「しっかりケアしたい」「朝のスキンケアを時短したい」「翌日の大切な予定に備えたい」なんて時は、パックがオススメ♡*°

「スキンケアは1ヶ月~半年使い続けないとわからない」なんてい言われていますけど、パックはすぐに効果が感じやすいのも特徴的です。

乳液

化粧水や美容液の成分を肌に閉じ込めるためにあるのが乳液です。

油分が入っているので肌表面にベールを張って肌に蓋をできます!

化粧水でウルウルの肌も時間が経つと乾燥してしまうので、油分で蒸発させない対策が大事です!

クリーム

乳液よりも油分が多いのがクリームです。

クリームは乳液よりも重たいつけ心地のものが多いですが、保湿力は乳液よりも高い!

肌を保護してくれる効果も高いと言われていますよ♡*°

「乾燥時期にはクリームでしっかり保湿対策」みたいに、肌のコンディションを見ながら変えていくのがベスト!

シェアする

肌が乾燥するとどうなるの?

ダメージを受けやすい

肌が乾燥している「乾燥肌」の状態は、通常の肌に比べてダメージが受けやすいんです。

だから、ちょっとした衝撃を受けるだけでも、ダメージは大きくなりがち…。

そんなダメージは、”シミ”や”ニキビ”などの肌の悩みの原因になる危険性があるんです。

肌の生まれ変わりを邪魔する

乾燥肌の状態は、肌に必要な”水分”と”油分”のバランスが崩れている可能性が…。

食パンをお皿の上に放置すると、カチカチに固くなったことはありませんか?

肌も水分や油分のバランスが崩れていると、食パンのように固くなってしまいます。

皮膚が硬くなるとカサカサでザラザラ感な肌に…白い粉が吹いて毛穴も目立って見えていまします。

これは、乾燥が原因で肌の生まれ変わりが上手くいかないからなんです。

シワやほうれいが目立つ

乾燥肌で肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が乱れていると、古く硬い皮膚が肌に残ってしまいます。

すると、肌はデコボコになり、細かなシワも深くひび割れたように見えてしまいます。

だから、乾燥時期に「ほうれい線が濃くなった!!!」なんて慌てることも多いんですね。

肌がツルンとしたフラットな状態なら、シワやほうれい線の悩みも少ないはず!

ニキビが出来やすくなる

ニキビが出来やすくなるのも、古い皮膚が肌に残っているからです。

毛穴の周りに古い皮膚(角質)が溜まると、毛穴の溝が深くなります。

そこに汚れが溜まって毛穴が詰まり、ニキビが出来てしまうんですね。

しかも、肌は乾燥を防ぐために油分を増やそうとします。

この時に出るのが、テカリの原因な「皮脂」です。

皮脂はニキビの原因菌が好み、毛穴詰まりを起きやすくするんです。

だから、過剰分泌されないようにするのがとっても大事です。

シミが出来やすくなる

シミの原因は知っていますか?

「ダメージを受けやすい」に繋がる話ですが、ダメージと肌サイクルが原因と言われています。

肌は紫外線や刺激で刺激を受けると、メラニンが生産されます。

通常の肌はメラニンが蓄積する前に肌を生まれ変わらせて、排出するからシミが気にならないらしい。

でも、肌の生まれ変わりを邪魔すると、メラニンは蓄積する。

このメラニンが肌表面に見えると、黒く気になるシミになるというわけです。

だから、肌の老化に繋がることや刺激はなるべく避けるのがベスト♡*°

そして、ダメージに強い肌を手に入れるのも大事なんですよ!

肌が乾燥する原因とは

紫外線を浴びる

みぅが乾燥肌に悩んでいた時は、紫外線が盲点でした。

紫外線が肌にダメージを与えるのは、結構有名ですよね♡*°

ダメージを受けた肌は”保水力”が弱くなってしまうんです。

だから、肌が乾燥しやすい状態になるんですよ!

保湿不足

「肌断食してみた!」とか、「スキンケアは面倒くさい」とか。

保湿不足になっていると肌は乾燥してしまいます。

適度な保湿は肌にとって大切なもの。

だから、必要以上にスキンケアを怠らないのも大事なんです♡*°

間違ったスキンケア

たとえば、「白く粉の吹いた肌が嫌だ!」とゴシゴシ洗ってしまう…。

時には、「ツルンとした肌に憧れる!」とピーリングをしすぎてしまう…。

こんな感じの間違ったケアは肌にダメージを与え、乾燥を悪化させてしまうんです。

だから、スキンケアを見直せば、少しずつ状態を改善できる可能性もあるんですね!

オススメな肌の乾燥対策とは

正しいスキンケア

乾燥肌だけでなく、どんな肌質でも意識したいのが正しい洗顔や正しいスキンケアなんです♡*°

  • 正しい工程の順番
  • 力加減や行う秒数
  • 適度な保湿
  • 適度な美容成分の保湿

これを意識するだけで、肌に与えるダメージを減らしたり、肌に嬉しい成分を届けやすくできます♡*°

正しいスキンケアは、洗顔時のクレンジングからスキンケアのクリームまで…

毎日何気なくやっていますが、実はたくさんの工程があるんです♡*°

そんな工程やポイントが気になる方は、こちらを参考にしてくださいね♡*°

正しいスキンケアの方法(クレンジング・洗顔・化粧水・美容液・乳液編)
この記事では、正しいスキンケアの方法(クレンジング・洗顔・化粧水・美容液・乳液編)について詳しくお届けしています。

なぜシワやほうれい線が出来るの?

紫外線の影響

シワやほうれい線のような深くて目立つ線は、紫外線の影響の可能性があるんです。

紫外線を浴びることで活性酸素が発生し、老化を進めてしまうと考えられています。

活性酸素は有害物質の対策になりますが、増えすぎてしまうと肌にとってよくありません。

だから、適切な紫外線対策はとっても大切です。

加齢の影響

紫外線がシワやほうれい線の原因になるってお話に続きますが、加齢による肌の老化も原因に…。

シワやほうれい線の悩みが少ない肌って、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などの成分で肌が満たされているんです。

だから、ハリや弾力のある潤い肌なんですよね♡*°

でも、これらの成分は年齢を重ねるごとに、減少してしまう…。

そして、気になるシワやほうれい線の悩みになってしまいます。

だから、必要な分を補うのはとっても大切なんです♡*°

肌のたるみ

肌のたるみが気になったことはありませんか?

顔の筋肉「表情筋」が衰えてしまうと、脂肪や皮膚を支えきれずにたるみの原因になります。

そして、肌のたるみが溝を作り、シワのような凹凸ができてしまうのです…。

だから、たるみができると重力でほうれい線が出来てしまうんです。

こんな感じだから、肌のたるみにはリフトアップや表情筋を鍛えたりするのも有効ってよく聞くんですよね。

深いシワが気になりやすい場所とは

  • 目元のシワ(目尻・目の下)
  • ほうれい線
  • マリオネットライン(口元から顎にかけて)
  • おでこのシワ
  • 首のシワ
  • ゴルゴライン(目頭~頬にかけて)
  • 手のシワ

こんな感じが多いと思います。

しかも、これらのシワやほうれい線は、顔や首、手元なので目立ちやすい場所…。

だから、深刻な悩みになる前に対策をとって置きたいところです♡*°

オススメなシワやほうれい線の対策とは

紫外線対策

肌の老化の原因になる紫外線は、予防しておくのがベスト♡*°

紫外線は外出時だけでなく、窓ガラス越しでも影響を受けるんです!

だから、室内に居る時も安心できません。

日焼け止めやUVカット効果のあるコスメを使用すると安心ですね♡*°

マッサージ

肌のたるみを防ぐマッサージや表情筋を鍛えるエクササイズは、シワやほうれい線の対策にオススメ♡*°

特に普段あまり使わない顔の筋肉を意識して動かすと、衰え予防になります!

マッサージは血行を良くできるので、美肌にも効果的!

やりすぎると逆効果になることもあるので、適度に優しく行ってくださいね♡*°

栄養を摂る

食生活でも肌に良い食べ物で栄養を摂っておくと、シワやほうれい線の対策になるとされています♡*°

だから、普段の食事でこんな感じの食べ物を摂るのもオススメ!

鉄分 ひじき・鶏レバー・豚レバー・あさりetc
たんぱく質 魚介類・肉類・たまご・乳製品etc
ビタミンC レモン・ゆず・ブロッコリー・アセロラetc
コラーゲン 鶏皮・フカヒレ・牛すじ・すっぽんetc

これ以外にも、サプリメントとかがありますよね♡*°

正しいスキンケア

シワやほうれい線の対策だけでなく、

どんな肌質でも意識したいのが正しい洗顔や正しいスキンケアなんです♡*°

  • 正しい工程の順番
  • 力加減や行う秒数
  • 適度な保湿
  • 適度な美容成分の保湿

これを意識するだけで、肌に与えるダメージを減らしたり、肌に嬉しい成分を届けやすくできます♡*°

正しいスキンケアは、洗顔時のクレンジングからスキンケアのクリームまで…

毎日何気なくやっていますが、実はたくさんの工程があるんです♡*°

そんな工程やポイントが気になる方は、こちらを参考にしてくださいね♡*°

正しいスキンケアの方法(クレンジング・洗顔・化粧水・美容液・乳液編)
この記事では、正しいスキンケアの方法(クレンジング・洗顔・化粧水・美容液・乳液編)について詳しくお届けしています。