2019年の鏡開きの日程はコレ!関東と関西別の日付まとめ

お正月に飾る鏡餅(かがみもち)は、自宅・保育所や幼稚園・施設などでも見かける日本の伝統。

実はこの鏡餅を「鏡開き」する日付は、関東と関西で異なるんです。

鏡開きはいつなのか

2019年、と言わず、鏡開きの日付は

  • 関東:1月11日
  • 関西:1月15日もしくは1月20日

に行われることが多いです。

なぜ関東と関西で鏡開きの日が違うのか

関東と関西では松の内の日付も異なります。

松の内は、

  • 関東:1月7日まで
  • 関西:1月15日まで

なんですね。

実は、関東も初めは1月15日までが松の内、1月20日に鏡開きが行われていたんです。

しかし、江戸時代のこと。

徳川三代将軍として知られている徳川家光が4月20日に亡くなったため、月命日を避けて鏡開きの日が変わったそうです。

また、このようにして変更された鏡開きの日ですが、周知の影響によって地域差が出ていると言われています。