車のコーティングの方法とオススメ10選!

まだデータがありません。

「車をピカピカにしたい」とか「傷から車を守りたい」そんな時に役立つのが車のコーティング。

車体の上に塗装が施されていますが、塗装の上に作る膜の部分がコーティングですね。

紫外線・汚れ・雨などから塗装を守るための犠牲となってくれるコーティングだから、定期的に手入れしておきたいところです。

車のコーティングとは

車のコーティングは車体や塗装のキズなどを守るのが役割でしたね!

コーティング剤って、実は種類があるんです。

選ぶときに確認して欲しいのは

  • コーティングの種類
  • 撥水性の有無
  • コンパウンドの有無

コーティングの種類

ポリマーコーティング ツヤ重視でコストを抑えたい方向け
ガラスコーティング 光沢と持続性を重視したい方向け
フッ素コーティング ツヤ感も欲しいけどコスパも譲れない方向け

どのコーティング剤を使うのかによって、費用や仕上がりも変わってきます♡*°

撥水性の有無

  • 撥水タイプは水を粒状に弾く
  • 親水タイプは水を流れさせる

こんな違いがあるんですよ。

撥水タイプは水を弾いているのがわかりやすいけど、水滴に太陽光が当たり続けると水滴状のシミになりやすくなる。(ウォータースポットと呼ばれていますよ)

黒とかの濃い色にウォータースポットができると目立つので、撥水タイプは淡い色の車にオススメです♡*°

「色は濃いけど撥水タイプが良い」と譲れない場合は、水気が付いたらこまめに拭いておきましょう。

コンパウンドの有無

コンパウンドは研磨剤が含まれたものです。

車体の汚れを落としやすくできるから、水垢が取れない時とかに活用できるんです。

だけど、研磨剤が含まれているから、車に傷をつけてしまうデメリットもあるんですよね。

せっかくの愛車に傷がついて落ち込むのは避けたいので、できればコンパウンドなしを使って、汚れは別の方法で取り除くのがベストです♡*°

車のコーティングの市販オススメ10選

自分でコーティングする時に「どんなコーティング剤を使えば良いのか」と迷うかも!

そんな時はこちらを参考にしてみてくださいね♡*°

※オススメ度の高いものから順番に載せています。

自動車用 ガラス系コーティング剤 アクアシャインクリア

価格 980円~
内容量 300ml
コーティングのタイプ ガラス系コーティング
撥水性 親水タイプ

メリット

万能性はピカイチ!

これを使えば外観も内装もピカピカにできちゃいます♡*°

大容量で価格も安いから惜しみなく使えるし、気になった時にシュシュッと使えちゃうのがGOOD!

デメリット

持続を考えると物足りないかもしれませんね。

なんといってもコスパと車内にも使えるのがコレの良いところ♡*°

内装用として持っておいて普段はダッシュボードを磨いたりして、メインのコーティング剤の力が弱まってきた時にコレを使っておくのもオススメ♡*°

VAC バリアスコート

価格 2638円~
内容量 300ml
コーティングのタイプ ガラス系コーティング
撥水性

メリット

ガラスのようなツヤに仕上がるのんがコレ!

コンパウンドが含まれていないから、傷をつける心配もない♡*°

しかも、金属や樹脂、プラスチックにも使えるから、ホイールとかフロントグリルみたいな汚れの気になりやすいパーツにも使えちゃいます♡*°

カーシャンプーなしでも汚れを落とせちゃうから、車以外に使われていることもありますね!

デメリット

コンパウンドが含まれていないから、施工前には汚れをキレイに落としておいてください♡*°

洗浄も保護もできるけど、極上のツヤにはコーティングをする前が大事!

硬化ガラスコーティング剤 ピカピカレインPREMIUM

価格 9850円~
内容量 25ml
コーティングのタイプ ガラスコーティング
撥水性 撥水・親水タイプ

メリット

施工後はカーシャンプーを使わなくても汚れが落とせるほど♡*°

水気の流れも良いから濃い色の車でも水滴状の跡が残りにくいんです!

施工したら3年くらいノーワックスでもいけちゃうピカピカでキレイにしたい方向け♡*°

デメリット

25mlだから価格が高いんですよね…。

1本で普通車1台分だから、キレイにコーティングして3年くらいノーワックスで過ごせるならトータル的には安いかも!

ピカピカな愛車とドライブしたいならこれがオススメ♡*°

CCウォーターゴールド300

価格 1220円~
内容量 300ml
コーティングのタイプ ガラス系コーティング
撥水性 撥水タイプ

メリット

大容量で安い!

施工を重ねるごとに皮膜を厚くして傷が付きにくくなる♡*°

濡れたままでも使えるし、拭き取ってから濡ればツヤツヤボディーに♡*°

コンパウンドも含まれていません!

デメリット

撥水タイプだから濃い色の車にはオススメできないかなー

でも、こまめに水気を拭き取れる人なら水滴状の後も残らないから大丈夫!

愛車をキズから守ってツヤツヤにしちゃいましょう!

コーティング剤 ゼロウォーター

価格 1915円
内容量 280ml
コーティングのタイプ ガラス系コーティング剤
撥水性 親水タイプ

メリット

水滴状の汚れが残りにくい親水タイプ♡*°

施工もスプレーだから、シュシュッとして拭き取るだけなんです!

コンパウンドも含まれていないから、車体をむやみに傷つけてしまう心配もないですね♡*°

デメリット

水気が流れ落ちるタイプだから、水滴状に弾く撥水タイプに慣れていると「水を弾いていない?」なんて不安になることもしばしば。

でも、水はしっかり弾かれています♡*°

色の濃い車に乗っている方は水滴状の跡を残さないために親水タイプがオススメ!

撥水コーティング剤 ファインクリスタル

価格 2620円~
内容量 800ml
コーティングのタイプ ガラス系ポリマーコーティング
撥水性 撥水タイプ

メリット

コンパウンドが含まれていないのが魅力的♡*°

紫外線や酸性雨にも強いから、塗装の色あせ予防にもなりますね!

業務用としても使えるコーティング剤で、800mlという容量の多さもGOOD!

デメリット

コンパウンドが含まれていないので、汚れは落とした状態で使う必要がありますね!

だけど、施工後は汚れが取れやすくなる!

日常の不快の対策もできちゃうコーティング剤です♡*°

イージーグラスコート

価格 2600円~
内容量 500ml
コーティングのタイプ ガラス繊維系ポリマーコーティング
撥水性 撥水タイプ

メリット

スプレータイプで吹きかけた後に拭き取るだけ、簡単に光沢を出せるのがコレ!

ワックスがけが面倒に感じる人でも使えるコーティング剤です♡*°

洗車後は水気が残った状態のままでもOK!

スプレーを吹きかけてササッと拭き取りましょう♡*°

デメリット

本格的なコーティングを好む人には物足りないかも?

でも、短時間なのに仕上がりは満足できるのがこのコーティング剤の良いところ。

仕事で普段は忙しくても、休日の洗車後の拭き取りの時にササッと済ませちゃいましょう♡*°

スマートミスト ボディコーティング

価格 1011円~
内容量 280ml
コーティングのタイプ ガラス系ポリマーコーティング
撥水性 撥水タイプ

メリット

2種類の特殊ガラス成分で、凹凸をカバーしてくれる!

全カラー対応だから車の色を考えずに使えるのも嬉しいポイントです♡*°

霧吹きタイプで、洗車後にシュシュッと吹きかけて拭くだけの簡単にできるコーティング剤です!

デメリット

280mlで約12回分ほどの内容量だからコスパも良い♡*°

長期間の持続ではないものの、定期的なメンテナンスの気分で塗っておけばツルツルなボディを保てますね!

次世代ガラスコーティング 3Dナノストロング

価格 7200円~
内容量 25ml
コーティングのタイプ ガラスコーティング
撥水性 撥水タイプ

メリット

撥水と滑水で水気を残さないのがGOOD!

汚れが落ちやすいから、洗車だけでも綺麗さっぱりですね♡*°

ムラになりにくいし、車体に密着してくれるから剥がれにくい!

デメリット

お値段高めなところがデメリットかな。

25mlで7650円だから軽自動車で2度塗りできるかな?ってくらいの量ですよね!

AQUADROP GLASS COAT PREMIUM コンパクトカー用

価格 2160円~
内容量 30ml
コーティングのタイプ ガラスコーティング
撥水性

メリット

塗った液体が固まるとガラス結晶化して、強度の高めな膜を張ってくれます。

1回の施工で約3年、2度塗りなら5年くらい持つのがメリットですね♡*°

デメリット

完全に固まるまでに1~2週間ほどかかるから、水気は避けたいところ。

時間をかけて磨きあげるのに向いているコーティング剤です。

車のコーティングの方法とは

車のコーティングを行う方法は大きく分けるとこの二つ。

  • 業者に頼む
  • 自分でやる

業者に頼んだ場合の費用や時間

業者にコーティングを頼むとしたら、

  • ガソリンスタンド
  • コーティング専門店
  • ディーラー

などの場所で行うことになります。

費用は場所や車の種類やコーティングの種類によって変わりますが、相場はこんな感じみたいですね♡*°

フッ素・ポリマー系のコーティング
軽自動車 2万2千円~2万6千円くらい
5ナンバーの小型車 2万7千円~3万2千円くらい
3ナンバーの大型車 3万5千円~4万円くらい
ガラスコーティング
軽自動車 4万円~6万5千円くらい
5ナンバーの小型車 5万円~8万5千円くらい
3ナンバーの大型車 7万円~10万5千円くらい

選んだ種類によってこのくらいの金額差があるみたいです。

だからこそ、自分でやって価格を抑えたい!と考える方も多いのではないでしょうか♡*°

自分でコーティングした場合の費用や時間

車のコーティングの方法ってこんな流れなんです。

  1. 洗車:車体表面の汚れを落とす
  2. 鉄粉除去:粘土と鉄粉除去スプレーで取る
  3. 下地処理:ポリッシングマシンでキズやシミなどを取り除く
  4. 脱脂処理:下地処理で取りきれなかった油を取る
  5. コーティング剤の塗布:コーティングする

時間は作業によってまちまちですが、コーティング剤の硬化に12~48時間くらいかかるんです。

だから、業者に頼むと埃の付きにくい室内で丁寧に行われるんですね。

自分でやるときは妥協も必要かもしれませんが、雨などに注意しながら行いましょう。

全てを一度に行うのが難しい時は、部位ごとに日を空けながら行えるのが自分でコーティングをするメリットのひとつでもあります。