クリアブルーが陰性でも妊娠の可能性がある!?

♥同ジャンルの本日の人気ランキング♥ Pチェックで陰性から陽性になる事がある理由Pチェックで陰性から陽性になる事がある理由...
✿--------------------------------------------------------✿
妊娠超初期に妊娠検査薬で5日間フライング検査をした時の話妊娠超初期に妊娠検査薬で5日間フライング検査をした時の話...
✿--------------------------------------------------------✿

この記事では、妊娠検査薬の「クリアブルー」を使用した際の検査結果が陰性だった場合でも妊娠の可能性があるのかについて詳しくお届けしています。

「妊娠したかもしれない」と感じて妊娠検査薬を使用する時に、知名度の高い「クリアブルー」を購入している方は多いのではないでしょうか。

私は2児のママですが、妊活中はよくクリアブルーにお世話になりました。

今回は、クリアブルーが陰性でも妊娠の可能性があるのかについてお届けします。

クリアブルーが陰性でも妊娠の可能性はあるのかについて

「妊娠したかもしれない」と感じた時に知名度の高いクリアブルーを使用して、陰性の判定が出ても信用できない気持ちになることがあります。

クリアブルーはいつから使えるの?

妊娠検査薬のクリアブルーは、生理予定日1週間後から使用することのできる商品です。

妊娠検査薬は妊娠時に分泌される「hcgホルモン」の検出感度で判定を行います。

クリアブルーはhcgホルモンが50mlU/mLから検出することのできる商品となっており、判定時間は1分です。

妊娠検査薬の中では価格が安価なこともあり、使用している方の多い商品で、信頼できる商品です。

クリアブルーが陰性でも妊娠の可能性はあるの?

妊娠検査薬のクリアブルーが陰性の場合でも、妊娠の可能性はあります。

これはhcgホルモンの分泌量と検査を行うタイミングが合っていない時に、陰性が表示されてしまうケースです。

実はこれ、「生理が不規則で予定日がわからない」といった場合にありがちです。

生理予定日一週間後は排卵から3週間後なため、排卵日が予想よりも遅い場合はフライングをしていないつもりでもフライング検査になっている可能性があります。

→妊娠かもと感じたらこれをチェック

クリアブルーのフライング検査とは?

妊娠検査薬「クリアブルー」のフライング検査は、生理予定日1週間後よりも早く検査を行ってしまうことです。

クリアブルーは排卵日から3週間後に検出できるhcgホルモンの量で判定を行います。

フライング検査を行ってしまうとホルモンの分泌量が足りておらず、妊娠している場合でも陰性と表示されてしまうことがあります。

hcgホルモンの分泌量が判定の値に達していないときは「陽性の線が出ない」「薄い線が出た」「細い線が出た」のような判定結果となります。

→妊娠超初期に使える早期妊娠検査薬とは

不良品の可能性もある

大量生産されている妊娠検査薬は、まれに不良品が混じっていることがあります。

「陰性と表示されていたのに妊娠していた」という場合に、不良品を使用しており正しい判定が行えていなかった可能性も考えられます。

クリアブルーは枠内に線が表示されるタイプの妊娠検査薬なため、不良品の場合はフレームで隠れて見えていないケースがあります。

「分解したら線があった」という方もいるので、1回の検査で決めるのはオススメできません。

できればフライングの可能性も考えられるため、「生理予定日1週間後に1回目」「数日後に2回目」の検査を行うことがおすすめです。

クリアブルーの正しい使い方とは

妊娠検査薬「クリアブルー」の正しい使い方は、尿を付ける位置を間違わないことです。

方法としては、

  • 直接かける
  • コップに入れてから浸す

があります。

直接かける場合は特に、判定枠などに尿をかけてしまわないように注意する必要があります。

判定枠にかかってしまうと正しい判定結果が得られない可能性があるため、プラスチックの部分にはかけないように気をつけましょう。

尿を直接かける場合は5秒間かける必要があります。

失敗したくない時は紙コップを使用する事がおすすめです。紙コップは使い捨てることができ、しっかりと尿に浸すことができます。

紙コップを使用する際は乾いている新品の紙コップを使用し、20秒程度尿に浸すことがおすすめです。

クリアブルーの注意点とは

妊娠検査薬のクリアブルーを使用する時の注意点は、水分の過剰摂取です。

妊娠検査薬を使用する前に水分を取りすぎてしまうと、尿が薄まってしまう可能性があります。

尿中のhcgホルモン濃度が下がってしまうと正しい判定ができなくなってしまう可能性があるため気をつけましょう。

クリアブルーを使用する時は、朝起きてすぐの濃い状態の尿で検査することがおすすめです。

クリアブルーは出血していても使えるの?

クリアブルーは出血していても、使用することのできる商品です。

生理予定日付近の出血は、生理なのか着床出血なのかわからないものです。そのため、妊娠検査薬を使用したいと感じる方は多いと思います。

問い合わせてみると、ほとんどの妊娠検査薬は出血している時でも正しい判定を行うことができると返答をいただくことができます。

クリアブルーも出血している時でも使うことのできる妊娠検査薬なためオススメです。

→妊娠初期に出血する原因とは

クリアブルーはどこで買えるの?

クリアブルーは様々な店舗で扱われている商品です。

近場なドラッグストアや薬局でも購入することができますが、直接購入することに抵抗を感じる方もいると思います。

ネット通販の楽天市場やAmazonでも購入することができるので、こっそりと買うこともできますよ。

しかも、ネット通販の方が安く買えることがあるので、買い置きを用意しておくのも良いでしょう。

まとめ

妊娠検査薬の「クリアブルー」は陰性でも妊娠の可能性があるのかについて簡単にまとめると、このような形になります。

  • フライング検査の場合は誤判定の可能性がある
  • 不良品の場合は誤判定の可能性がある
  • 検査に失敗している場合は誤判定の可能性がある

一度の検査で決めつけずに数日置いて、再検査を行ってみることがオススメです。