嫉妬だったの?男性がヤキモチ・嫉妬した時の行動と心理まとめ

気になる彼が普段と違う行動に!?もしかするとそれは嫉妬かもしれません。男性がヤキモチや嫉妬した時の行動と心理を知って、上手に愛情を確かめ合いましょう。
Miu

今やれることを精一杯やる!と思いながらマイペースに過ごしています。
好奇心旺盛なので、様々なジャンルについての記事を書いていますよ♡*°

Miuをフォローする

「突然、彼氏が不機嫌になっちゃった…」なんて経験はありませんか?

別な男性と楽しく会話をしていたら、

彼氏の機嫌が悪くなっている!

といったような「妬いてるのかな?」と思うシーンがあるかもしれません。

男性が嫉妬やヤキモチを焼くということは、それだけ愛されているということですね!

小悪魔系な女性はこの嫉妬心を上手く揺すって、

男性を虜にしてしまうんだとか…(笑)

男性の嫉妬やヤキモチはいくつかのパターンに分かれているので、上手に嫉妬させながらトラブル回避や愛情アップに繋げちゃいましょう。

男性も嫉妬します

「嫉妬やヤキモチは女性だけなイメージがある」と思う方もいるかもしれませんが、実は男性も嫉妬するんです。

私ばかり嫉妬してしまう。

と思っているのであれば、もしかすると彼の嫉妬に気が付いていないのかも…。

嫉妬とヤキモチの違い

嫉妬とヤキモチは、どちらも似たような意味に思いませんか?

これ、嫉妬から派生した言葉のようなものだからなんです。

やきもち【焼餅】

嫉妬することを「焼く」というところから、餅を添えていった語。

(出典:日本語源大辞典/小学館)

このように、嫉妬もヤキモチも表現が違うだけで意味はほとんど一緒のようですね。

では、男性はなぜ嫉妬してしまうのでしょうか。

男性が嫉妬する理由や心理

独占欲が強い

男性が嫉妬する理由の一つとして、「自分が一番愛されているんだ!」のような独占欲があります。

例えば、愛犬の飼い主さんが別なワンちゃんを可愛がると、

愛犬は必死に自己アピールをすることがありますよね。

「この人の一番でいたい」という気持ちからではないでしょうか。

独占欲は、愛情があるからこそでもありますね。

あなたを独占したい!という心理から嫉妬に繋がっていると思うと、愛されているなと感じられますね。

自信がない

「別な男性に奪われてしまうのではないか…」というように、自分に自信がない場合は不安な気持ちから嫉妬へと繋がってしまうことがあります。

ただ、一概に自分自身に自信がないのではなく、彼女の気持ちがはっきりとわかならないという場合も考えられますね。

「このままでは大好きな彼女が自分の元から去っていってしまう」という気持ちが嫉妬へと繋がることがあります。

このように、独占欲ではない場合の嫉妬する心理としては、不安の可能性が考えられます。

コンプレックスが気になる

こちらも自信がないと同じような感じですが、自分自身に自信がない”コンプレックスを抱えている方”の場合も同様に不安になります。

「自分は●●だから愛されない」や「嫌われてしまうかもしれない」のようなネガティブな考えのある方の場合は、嫉妬に繋がりやすいかもしれません。

このように、男性が嫉妬する原因はあなたを愛していて、奪われたくないからこそのものなんです。

突然機嫌が悪くなってしまうと「どうしたんだろう」と困ってしまうかもしれませんが、原因が嫉妬なら可愛く見えてきますね。

では、実際に男性が嫉妬した時の行動について見ていきましょう。

男性が嫉妬した時の行動

男性が嫉妬した時の行動は、いくつかのパターンに分けられます。

当てはまるパターンがあれば、彼を責めずに優しく接することがおすすめです。

急に無口になる

いつもどおりに会話を楽しんでいると、彼が急に無口に…。

”なんか余計なことを言ったかな?”や”怒らせちゃったかな?”と思う方もいるかもしれません。

男性は嫉妬していることを悟られないように、気持ちを隠そうとすると無口になることがあります。

急にスマホを触りだして静かになったり、黙り込むような素振りがあればヤキモチかもしれません。

また、喋るとイライラした態度が出てしまいそうな時に無口になることもあります。

男性は「嫉妬が伝わって喧嘩になりたくない」といった気持ちで黙り込んでしまうことがあるので、「なんで喋らないの?」と急かさず、気持ちが落ち着くまで待ちましょうね。

別な女性の話をする

自分が嫉妬したことを悔しく思うのか、あなたにも嫉妬させようとすると別な女性の話をし始めることがあります。

例えば「元カノの話」や「仲の良い女性の話」など、女性からしたらあまり聞きたくない話かもしれません。

ただ、男性はあえて別な女性の話をして、あなたに嫉妬されたいと思っている可能性があります。

喧嘩にならないようにちょっと寂しそうに甘えてみたら、喜んでくれるかも…?