牡羊座(おひつじ座)の物語【ギリシャ神話】

牡羊座(おひつじ座)のギリシャ神話の物語や、星座の元となる姿についてまとめています。

12星座のひとつ「牡羊座(おひつじ座)」は、昔「春分点」にあったことから重要な星座として扱われていました。

さて、そんな牡羊座(おひつじ座)は、どのようなエピソードで誕生したのか気になりませんか?

今回は、牡羊座(おひつじ座)のギリシャ神話の物語についてご紹介していきます。

牡羊座(おひつじ座)の姿

黄金の毛を持つ羊

牡羊座(おひつじ座)のギリシャ神話の物語

テッサリアの国のアタマース王と王妃ネペレー。

この二人の間には、王子プリクソスと王女ヘレーという二人の子どもがいました。

後にアタマース王はネペレーと離縁し、新妻イーノーと結ばれました。

ネペレーは、新妻イーノーの元にいる我が子、プリクソスとヘレーの事を不安に思います。

一方、イーノーは保管されていた穀物の種を炙り、芽がでない状態にして飢饉を招きました。

アタマース王はなぜ飢饉を招いたかと原因を追究するため、デルポイの神託を仰ぐ伝令を出しました。

しかし、イーノーはデルポイの伝令を買収して、こっそりと嘘の神託を王に出したのです。

「プリクソスとヘレーをゼウスの生贄に捧げよ」

これこそがイーノーの計略でした。

プリクソスとヘレーは生贄になり命が奪われそうになった時、ゼウスの使いであるヘルメース神が「黄金の羊」に二人を助けさせたのです。

黄金の羊は二人を天高く運び上げ、東にあるヨーロッパとアジアの境目まで運んだ頃、不意にへレーが落下してしまいました。

コメント