【ボイトレ】ミックスボイスの簡単な練習方法

ボイトレでミックスボイスを習得する簡単な練習方法についてまとめています。
Miu

今やれることを精一杯やる!と思いながらマイペースに過ごしています。
好奇心旺盛なので、様々なジャンルについての記事を書いていますよ♡*°

Miuをフォローする

【ボイトレ】ミックスボイスについて

「ミックスボイス」とは

ミックスボイスは、ミドルボイスと呼ばれることもある、高音域を地声で歌うような音質のことを言います。

「地声の力強い印象のある声質と、裏声の高音域での発声を組み合わせたような声」というとイメージしやすいかもしれません。

印象的な声で歌うことができることから、習得しておくと歌えるバリエーションを増やすことができます。

ミックスボイスの魅力

ミックスボイスの魅力は、地声と裏声の中間のボイスで、独特な雰囲気を醸し出せる歌声でしょう。

ギターの弾きたりや、バラードなどとも相性の良い歌声です。

また、地声で無理をしながら高音を出すのとは異なり、ミックスボイスを習得することで「喉に負担を掛けずに高音を発声できる」といったメリットもあります。

ミックスボイスの出し方

ミックスボイスの出し方の基本のポイントは、この3つです。

  • 裏声を鼻腔共鳴させる
  • 喉を開く
  • 声帯を締める

この3つが揃った時に、ミックスボイスが発声できます。

それでは、詳しい発声方法について紹介していきます。

【ボイトレ】ミックスボイスの発声方法

ステップ①:裏声

ミックスボイスは「裏声を鼻腔共鳴」させる必要があるので、まずは裏声です。

歌う時は横隔膜を支えて力強い声を出すために、腹式呼吸を行いましょう。

裏声は喉をリラックスさせ、力を入れずに発声します。

発声しやすい高さの音域を地声で発声し、徐々に音程を上げていきます。

自然と地声から裏声に切り替わる音程があるので、その変化を感じましょう。

ステップ②:鼻腔共鳴

鼻腔共鳴は、鼻腔で声を響かせます。

鼻歌を歌うことを「ハミング」といいますが、ここではこのハミングをしながら感覚を感じていきましょう。

腹式呼吸をしながら、ハミングで力強い音を発声しましょう。

鼻の奥の方で、音が響いてることが感じられると思います。

この感覚を得られている時が、鼻腔共鳴している時です。

ステップ③:喉を開く

喉が広がっている状態は、鏡で見ることができます。

鏡の前であくびをしてみましょう。

喉の奥の方が広がっているはずですので、この感覚を覚えましょう。

ステップ④:声帯を締める

最後に、声帯を締めましょう。

深呼吸をして息をゆっくりと吐き、途中で息を止めてみて下さい。

喉の奥の方できゅっと引き締まる感覚があると思います。

これが声帯を締めた状態となります。

ステップ⑤:ミックスボイスを発声する

ここまでのステップをまとめると、

  1. 腹式呼吸で裏声を出す
  2. 鼻腔共鳴させる
  3. 喉を開く
  4. 声帯を締める

と、このような流れになります。

これらを上手く習得すると、憧れのミックスボイスが発声できますよ。

ただ、これらをすぐに覚えて発声するのは難しいかもしれません。

そこで、ミックスボイスを出しやすくする練習方法をまとめてみました。

コメント