【手相占い】右手と左手の手相の違いと意味

手相占いで鑑定する際の右手と左手の手相の違いと意味の考え方についてまとめています。
Miu

今やれることを精一杯やる!と思いながらマイペースに過ごしています。
好奇心旺盛なので、様々なジャンルについての記事を書いていますよ♡*°

Miuをフォローする

【手相占い】手相について

手相占いとは

手相は、手の特徴から運勢判断を行うものです。

占い結果は統計学を基に推測され、「このような形の手相はこのような運勢や人物に多い」という結果から流通している占い方法です。

手相占いで見えること

手相占いでは、その人物の性格や才能、運勢や将来を占うことができます。

また、手相は変化するため、時期によっても結果は異なる傾向にあります。

【手相占い】右手と左手の手相の違いについて

右手と左手の手相の違いで分かること

手相は左右異なることが多いことから、結果を以下の2つに分けて考えることができます。

  • 生まれ持った才能
  • 生活の過程で変化した今の自分

そのため、生まれ持った才能よりも変化した今の結果が良ければ、努力の過程で生まれ持った力を越えられたと考えられます。

右手と左手の考え方

右手と左手の考え方は流派によって異なりますが、もともと良く言われていたのは左手が生まれ持った才能説です。

一方で、近年手相占いで知名度の高い島田さんの見解では、右手が生まれ持った才能だと話されています。

自分で鑑定を行う場合は判断に迷うこともあるため、状況の近い方や信じたい方を優先しても良いでしょう。

また、より正確性を高めるために、最終的には両手を見て総合的に占うと良いでしょう。

掲示板